原材料で比較したおすすめの亜鉛サプリ

亜鉛サプリ

亜鉛サプリを選ぶ時のポイントとしてあげられるのが、亜鉛の配合量、そして亜鉛をどんな原材料から抽出しているのか?という点です。

 

亜鉛を多く含む食品で有名なのが牡蠣です。
他にも豚肉や牛肉、煮干しやといったものが有名ですが、例えば豚肉のレバー100gあたりの亜鉛含有量が約6.9mgに対して、生牡蠣は100gあたり約13.2gと倍近くの亜鉛含有量となっています。

 

また、牡蠣には必須アミノ酸やミネラル、ビタミンBなどもバランス良く含まれていることから、しじみやにんにくといった毎日の元気補給の面でもおすすめと評価されています。

牡蠣の品質・内容量で比較したおすすめ亜鉛サプリ

こちらでは亜鉛を多く含んだ牡蠣を原材料としている亜鉛サプリの中で、特に原材料の牡蠣の品質や内容量にこだわっている亜鉛サプリを比較、ランキングでご紹介します。

 

市販の亜鉛サプリで良さを感じられなかったという方は、亜鉛の原材料にこだわっているサプリを試してみると違いを感じられるかもしれませんね。

 

海乳EXの特徴

使用している牡蠣
広島県産牡蠣100%使用

取れた牡蠣は手作業によって、剥き、医薬品などを手がける指定工場で牡蠣エキスを抽出しています。
余分な添加物は使用していません。

亜鉛量
2粒あたり12mg

価格 2,052円⇒初回980円
評価 評価5
備考 62粒入り ソフトカプセル
海乳EXの総評

亜鉛の含有量ではプレミアムオイスターよりも0.1mg少ないですが、漁で捕れた牡蠣を手作業で剥き医薬品などを扱う工場でカプセルに詰め込むという品質面にもこだわっています。

使用している牡蠣も広島県産と牡蠣の名産地として有名です。
カプセルに牡蠣成分がまるごと濃縮されていることなど、牡蠣が持つ、栄養を毎日しっかりと摂る事ができます。

プレミアムオイスターの特徴

使用している牡蠣
広島県産牡蠣100%使用

1袋で164個分の牡蠣エキスを配合しています。
また、含有量で天然牡蠣サプリの中でもトップクラスで、添加物を使用せず、放射能チェックも行い、品質管理を徹底している点もおすすめです。

亜鉛量
2粒あたり13mg

価格 5,980円⇒定期コース初回980円
評価 評価5
備考 60粒入り 約1カ月分 タブレット
プレミアムオイスターの総評

広島県産の名産の牡蠣に含まれる鉄分・ビタミン・ミネラル・アミノ酸に加えて、クルクミン・オルニチン・ビオチン・ビール酵母を配合するなど、1つで健康面と美容面の両方をサポートしてくれます。

また、ソフトカプセルではなく、タブレットタイプの錠剤なので、ソフトカプセルが飲みづらいという方にもおすすめです。

ミルク牡蠣サプリメントの特徴

●使用している牡蠣
石川県能登半島産の高級ミルク牡蠣使用

牡蠣の名産地でもあり、捕れる牡蠣は高級品として扱われることが多い石川県能登半島産の牡蠣を使用。
また、漁のタイミングも栄養価のバランスなどを考えて最も適した時期を選び、牡蠣エキスを作るために手作業で行うなど、製法へのこだわりが高いサプリメントです。

●亜鉛量
記載無し

価格 8,424円
評価 評価5
備考 60粒入り 約30日分 カプセル
ミルク牡蠣サプリメントの総評

石川県能登半島産の高級ミルク牡蠣エキス配合の亜鉛サプリで他にも、ロッカクレイシ・ローヤルゼリー・チョウメイソウ・無臭にんにくエキスと言った健康面のチカラ強いサポートで有名なエキスを配合しています。

亜鉛含有量の記載が無いのは残念ですが、牡蠣の高級品ミルク牡蠣を手作業で30時間もかけて煮込み、世界で最も高い水準を誇ると言われる米国食品医薬品局FDA-GMPに準じて衛生面や安全性を管理、ISO9001:2000の取得など、品質へのこだわりの高さがわかります。