亜鉛を含んだ食品

亜鉛は日常的な食事から自然に摂取することで補うのが基本です。
食生活の偏りは亜鉛不足に繋がりますので、亜鉛不足が気になる方は亜鉛を多く含む食品をチェックしてバランス良く取り入れるように心がけましょう。

 

亜鉛の含有量が多い食品TOP5※100gあたり

  1. 牡蠣(生)13.2mg
  2. ビーフジャーキー 8.8mg
  3. パルメザンチーズ 7.3mg
  4. 煮干し 7.2mg
  5. ピュアココア 7.0mg

こうして見てみると生の牡蠣が亜鉛含有量では断トツに多く亜鉛を含んでいる食品となっています。

 

食品別亜鉛含有量TOP3

魚介類

牡蠣13.2mg するめ5.4mg ほや5.3mg

魚類

煮干し7.2mg たたみいわし6.6mg いかなご3.9mg

穀類

アマランサス5.8mg 焼きふ2.2mg オートミール2.1mg

豆類

凍り豆腐(乾)5.2mg えんどう豆(塩豆)3.6mg きな粉3.5mg

肉卵類

ビーフジャーキー8.8mg 豚レバー(肝臓)6.9mg 牛肩ロース5.8mg

海藻類

味付けのり3.7mg 焼きのり3.6mg カットわかめ(乾)2.8mg

乳製品

パルメザンチーズ7.3mg 脱脂粉乳(粉)3.9mg プロセスチーズ3.2mg

きのこ類

干ししいたけ(乾)2.3mg まつたけ0.8mg マッシュルーム(缶)1.0mg

芋類

マッシュポテト(乾)0.9mg やまといも0.6mg フライドポテト0.4mg

 

牡蠣が亜鉛含有量が1番であること以外では、乳製品のチーズにも亜鉛が含まれていること、海藻類や肉などにも比較的多く亜鉛が含まれています。
これらの食品以外にもたくさんの種類があります。
ひとつのものだけを沢山食べるというのではなく、毎日の食事のメニューに取り入れてバランスを取ることで、自然な形で亜鉛を補えます。

 

食事だけで亜鉛が補えない方はサプリがおすすめ

ただ、バランスの良い食事というのは毎日準備するのは大変です。
また、亜鉛の含有量が多いといっても、調理方法や同時に摂るインスタントなどの加工食品が混ざると亜鉛の吸収の妨げになることもあります。
バランスの取れた食生活は基本ですが、その上で、亜鉛が不足してしまっている方はサプリメントで補ってあげましょう。

 

亜鉛サプリは天然の牡蠣を原材料にしているサプリが多く、牡蠣に含まれるミネラル・ビタミン・アミノ酸なども同時に摂ることができ、偏りがちな食生活を1日2〜3粒でカバーできます。

 

また、亜鉛サプリの亜鉛含有量も1日分で成人の推奨亜鉛摂取量を補うのに十分な量を含んでいます。

 

天然の生牡蠣5個分の成分を2粒に凝縮した「海乳EX」

海乳EXの特徴

海乳EXは広島県産の生牡蠣エキスを100%使用、1日2粒で牡蠣5個分のエキスを摂ることができます。
天然の亜鉛を摂れるサプリの中ではコスト面でも頑張っているので、通常価格のお求めやすさ、定期コースではさらにお得とリピート率がとても高く、販売累計100万袋を突破した人気の亜鉛サプリです。

天然亜鉛の原材料

広島県産の牡蠣100%

亜鉛含有量

1日2粒で12mg

価格

通常価格2,052円
公式サイトで初回お届け980円の定期コースキャンペーン実施中

 

海乳EX